FC2ブログ

令和元年5月 チップ材の山 『鮨富』

令和が始まりました 新聞にもこんな記事がありました・令和の書き方
  P5020194.jpg

昨年度末に塗装した屋根です
丁寧にいい仕事してもらえました。
P5070206.jpg P5070209.jpg

昨年購入の中古ユンボに名前が入りました
P5070213.jpg P5070212 (2)

休みに散歩していて、こんな新芽を見つけました。
ではありませんよ、家の裏当たりに毎年生えています。
何の植物になるか分かりますか?
ヒントは、夏に美味しく頂きます
 5/2 の写真です 細長い幹がでています。
これをお味噌汁にも入れたりもします。
5/2 5/2

5/11 の写真ですもう、葉っぱが開いてきたので、お味噌汁には使いません。
5/11 5/11
答えは、後日・・・

新緑の季節になると、緑がハッキリしているので、毎年気になっています。
通勤途中の山道から、写真に撮りました
P5170238.jpg P5170239.jpg

山の近くまで行って、撮りました 何故か気になります。
P5150221.jpg

次に、市場の土場の様子です
この市場始まって以来の丸太の大山です。
P6050291.jpg P6050293.jpg

降ろして仕分ける場所が、無いくらいの量です。競りをする場所もありません。
(競りをする 値打ちのある木も、ありませんが)
P6050294.jpg P6050296.jpg

毎日トレーラーに積み込んで出荷していますが、
ジャンジャン運ばれて入荷されるので、休みも出勤して大忙しです。
『何故?』か聞いたところ、①昨年の災害の風倒木が、大量に出来た事。
②冬に雪が降らなくて、ジャンジャン仕事して出て来た木が飽和状態になった事。
③プラス・製紙工場の火災で入荷制限がかかった事。
④太陽光の設置に、山の斜面を皆伐(間伐じゃなくって、全部木を切る事)
全て重なって、何処の市場も、受け入れ工場も飽和状態で、C材の木材価格は下がり
こちらとしては、高く売りたいので行き場を失っています。
でも、土場が溢れるので、出来るだけ交渉して出荷しているそうです。
御苦労様です。(私は事務だから)

さて、理事長が従業員をお寿司屋さんに連れて行ってくれました。
今回は小浜のモス近くにある『鮨富』さんです(普通の家っぽい)
鮨富

鮨富 鮨富

さかさ巻です以前来たときも、食べたそうですが、
食通でない私は、記憶がありません・・・これは、食べられませんよ。
鮨富 寿し時計


お肉も食べたい!と、言うことで、注文しましたが、、、
盛り上がった話題は、この緑色の茎のような、植物
肉

『これ、イタドリ違う?』
『道端に生えてて、竹みたいに節があって、ちょっとピンク色で!』
『柔らかいときに、折るとポンと鳴るので、スッポンて、呼んでた!』
『ちょっと、苦いけどたべられた。』
男性陣は、知っていたけれど、女性陣は食べられる草に興味ないから知らなかった!

帰りには暗くなって、鮨富の看板が目立ってました。
鮨富

さて数日後、T君が窓から土場を指さして
 『アレって、イタドリじゃ無いかな? この間、言ってた』
 『え~っ、見た~い取ってきて~!』
いたどり いたどり
と言うことで、危険を冒して取ってきてもらいました
生えてる感じは、何処にでもある雑草のようです。
(濡れているのは、投げた所が水たまりだったからです)

いたどり いたどり
成長したイタドリは、竹のように筋になって折れにくい。
幹もピンク色では無くって、食べられない。中はウトッポ。
葉っぱも、普通。
いたどり いたどり
田舎にン十年住んでいても、知らないことも多いというお話です。
お寿司よりイタドリに盛り上がった私は、
もう、高級な寿しはもったいないですね。回るお寿しで・・・いいです。

春になってお花も生き生きしていてキレイです
P5110215.jpg P5110217.jpg
スポンサーサイト

「平成」最後の春

今年の3月は暖かくて、4月の祭りには 桜は散ってしまうかも・・と
思っていましたが、4月初めは寒くなって、桜が見頃のいいお祭りになりました。
風は寒いけれど・・・

三方石観音の駐車場の桜を撮ってきました
P4050136.jpg P4050145.jpg

駐車場の片隅で孫とおじいさんが、野球をしていました
おじいさんが投げて、孫が石垣を背に バッティングをします。
孫が打つと、『じいちゃ~ん、はしれ~、はやく~』と、さけんでいました。
P4050139.jpg P4050144.jpg

国道27号線の横に棒が立っていて、北海道の標識には負けますが
雪国ならでは・・・の、標識の棒の話しを、いつかブログに載せようと思って
昨年、写真に撮っていました

若狭町北前川の交差点付近です。
違いを見つけて下さい
4/1 冬期
冬期 冬期

4/20 夏期
夏期 夏期

分かりましたか?
冬は延びているんですしかも、人力です
何年も前に、タオルで1本1本拭きながら
棒を伸ばして、歩いている男の人数人を・・・見たんです。
いつか載せようと、思っていたのですが

・・・今日とうとう載せる日が来ました!
、国道に出る。信号待ちをしていたところ
この車が止まって、中から男性2人が出て来て・・・
P4090171.jpg P4090172.jpg

棒を下げ、はじめました 4/9
P4090166.jpg P4090167.jpg

P4090169.jpg P4090170.jpg
場所は能登野の信号付近。 余談ですが、三十三地区の花壇がキレイな所です。

毎年4月に、縮めているのかも知れません。
2人が歩いて進んで行ったら、車を取りに帰らなくては・・・と、よけいな心配してました。

今、ネットでこのについて調べました
名前は 「デリニエーター」 「視線誘導標識
上に伸びる紅白の棒は 「スノーポール
少し前のTV『99人の壁』に出ていた。『こんな物の名前』の人(だったような)なら、名前を知っていたかも知れませんね。
余談ですが、その時の『パンの名前』の人は、最後の問題はちょっと可哀想な問題だったと思います。

この写真は、車を降りて近くに行ったから、始めて分かったのですが、
白塗りの棒の部分をよく見ると、建設省と書かれています。
若い人には、馴染みの無い名前でしょうね。
冬期

市は4月も、開催されませんが、木が、一杯の土場です
P4180187.jpg P4180188.jpg
木材市場業界のうわさで、4月初めに王子製紙名古屋工場が火事になって8月ごろまで
針葉樹の入荷ができないそうで、ウチの取引先は
大王製紙なので、関係なくってよかったね。などと言っていましたら
王子製紙と大王製紙会社の約束事があって、
『どちらかが故障したときには
もう一方が、木材(パルプ用)の入荷を受入れる』
そうで、ウチの取引先の木材も入荷が制限されてしまい、運んでもらえません・・・。
お金はもらっていますが、土場の場所が狭くなってます。
広葉樹は急に取りに来てもらえます。が、そんなにありません。市場に入荷のほとんどが杉ですので。
 
一般の人には関係ないと思っていましたが、
生協の配達注文用紙にチラシが入ってました。
「製造工場の火災に伴い、供給中止に関するお詫びとおしらせ」
なので、紙の価格は上がる?木材(パルプ用)は下がる?
どうなんだろう?早く復旧して欲しいところです。

最後に庭のボタンの花が一つ咲いていました。
いつもGWに咲いています
牡丹 牡丹の花

趣味の木工品♡ウッドバーニング

最近(数年前から)、焼ペンにハマっています
沢山作りたいのですが、時間が無くて・・
月末に、三方駅に納品する直前に 焦って作ってるって感じです。

今日は、最近作った焼ペンの作品を紹介したいと思います
新聞の下の方にあるパチンコ店の広告の蝶々が気に入ったので、コピーして焼きました。
でも、みんな「そんな広告見たこと無い」と、言います。
その広告は私が気付くいたのは4年くらい前からありますが・・・の蝶々
右は、カワイイ動物の下にフックを付けて鍵かけにしようと思ってます。
P2150078.jpg P2150080.jpg

端午の節句のプレートです裏に名前が入ります。
会社の人に名前を入れてプレゼントしました
InkedP3140117_LI.jpg P3140118.jpg
喜んで貰えましたが、販売は売れません・・・桃の節句も販売中です・・・
P3140119.jpg 三方駅

只今、レース模様が気に入っていて、次はこれを持って行こうと思っています。
P3140115.jpg ウッドバーニング

400円の小物は、売れなくて、右のを持って行きました。売れてるかな~?
PB140661.jpg P3140113.jpg 

小さな棚風木工品500円
P3150120.jpg ウッドバーニング
近所のママ友さんに体験会しました~
いつもお世話になってるので、張り切って準備しました
上写真の棚風と、鍵かけの2点づつ作りました。
焼ペンの機械が4つだけなので4人(1人は子供)
ウッドバーニング P3170125.jpg

最近ネットで売れた物、(売れると嬉しいのですが・・・2ヶ月に1回くらい)
カード立2個&オマケの画鋲付き400円。
で、手数料引かれて、送料340円もらっていたのに、
物が、大きくなって500円かかって、何してるんだか・・・?
でも、気に入った人に使って貰えて、まあいいか
木 小物 P3200128.jpg
今度は、横向きも 載せました
P3200135.jpg P3200130.jpg

またまた本にしました~。もう6冊になって嬉しいです
P2050063.jpg P2050065.jpg

ネットで売って、やりとりした人からカードが届きました。
月とフクロウのブルーのカードです
嬉しくて写真をメールで送ったので、
ここにも載せますゴチャゴチャ・・してるけれど明細も書いてみました
縄文杉の矢印忘れてた~
PCの壁紙は、上の本の写真と同じ土場の写真です。
P4160181.jpg 木 小物

いつもの、通勤途中の山際の梅畑です  3/5
P3050108.jpg P3050106.jpg 

これは、部長が姪っ子に、たのまれて作くった本棚です。
P4110173.jpg 棚

兵庫県の道の駅にあった、流木アートです。面白い
IMG_1492.jpg IMG_1497.jpg

今日は、いろいろ書けて、良かったです。

龍の目玉のような 椿

散歩の途中の家に植えられた椿のつぼみが まん丸でこんな感じになっていた。
いつの頃からかつぼみの真ん中に赤い花の色がポツッと飛び出していて可愛いな~と、思っていた
ず~と、そのまま咲かないので
2017年12月9日、写真に撮りました。理由は、『』みたいだったから
椿の蕾 12/9 

2018年3月1日やっと椿のつぼみが、大きくなりました。
やっぱり目玉が飛び出た
椿 蕾 3/1

2018年3月11日やっと椿のつぼみが、大きくなりました。
ちょっと目玉じゃ無くなった・・・
椿 蕾 3/11

3月18日もう、立派な花になっていました。
椿  3/18

3月26日もう花は、散ってしまいました。
椿 3/26 椿 3/26
たぶん、4ヶ月くらい龍の目玉のようなつぼみで過ごして、10日くらいでポロリと落ちてしまうのですね。
ほとんどが、つぼみの人生ですね。

市場の向かいの畑の白ネギも5月~12月まで土の中。
植物は、咲くまでが長い一生ですね。

ついでに過去にとった椿の写真です4月7日
4/7 4/7
近くに行って、花も撮りましたバラみたいでした
椿 4/7 椿 4/7

さざんか こちらもバラみたいでした 12月6日
さざんか さざんか 12/6

今年の冬、雪は2cmくらい1回降っただけで終わりました。異常気象でした。
2月なのに、梅が咲いています。
春の花も 今年はきっと早いでしょうね

福井県年縞博物館

県木連より見学会の案内が有りました。
『JAS構造材施設見学会』場所・若狭町鳥浜122-12-1
縄文ロマンパーク内『福井県年縞博物館
ここから車で15分くらい。1回説明を聞きたかったので、参加しました。

6年くらい前、福井県の三方五湖の一つ水月湖の湖底の地層が
世界基準(グリニッジ天文台のように)になったブログを書きましたが、
その博物館が完成したのです。
P2050061_2019020608523388a.jpg

では、写真で説明します。
入り口の通路です。奥はハス川という川です。
年縞博物館 通路

チケットを買って、シアタールーム年縞説明を座って見ます。
足下まで映像が来るので、少し船酔い的になります。
これは『1年に0.7mm堆積します』と、言う説明の場面。
シアタールーム2 シアタールーム

7万年45mの年縞を、何mごとか忘れましたが、取り出していくと繋ぎ目が途切れるので
三本取り出して展示することで途切れなく年代を調べられるそうです。
放射性炭素の残量を調べることで、年代がわかるそうで
今も横の施設で、研究が進められているそうです。
年縞説明 木の天井
説明の人が、指さして『ここは地震です。』『ここは鹿児島の桜島の火山灰です。』『ここは鳥取県の大山の噴火の火山灰です。』
誰かが、質問されました・・・『富士山の噴火はないのですか?』
『西からの風に乗ってきていて、今は分かりませんが・・・続けて研究されていますから、また分かるかも知れません』
との事でした。

45,000年前と、書かれています。↓撮影ポイントという看板があったので、その穴から撮ってみました。
年縞45,000年 カメラ位置

古木のベンチ、奥のハス川三方湖に流れていきます。
右端の建物が研究施設だそうです。
古木のベンチ

次に、年縞の裏側展示コーナーです。
屋根の垂木は県産材です。
ウチの市場から出た木だと思います
裏側の展示コーナーには、他の国の 年縞もいくつか展示されてました
P1160029.jpg モンゴル年縞

映像で 年縞の湖の説明
説明画像 P1280054.jpg

私の絵で 位置の説明です。福井県のオタマジャクシ型の尾の付け根付近が、若狭町の位置になります。5つの湖の中の1つの水月湖は、偶然にも
①深い。②流れこむ大きな川がない。③断層で少し沈下する。
また、かき混ぜる魚がいない静かな湖だそうです。
年縞 場所
私は三方に生まれて無いので、湖のことは詳しく知りませんが、
若狭カントリーゴルフ場で、アルバイトしたときに
すがコース・すいげつコース・ひゅうがコースがあったので、
名前だけは覚えました。上手に名付けられてたな~

説明する人に、私も質問しました。
『年縞の層は、白い層と黒い層ですが、
木の年輪も、白い層と黒い層があって、
白い層は夏の早く成長する時期で、黒い層は冬の成長が遅い時期で、1年なのですが、
年縞は季節に関係してますか?」
『年縞は春から夏が白い層、秋から冬が黒い層です。
春から夏のプランクトンの色が白いのと、秋から冬は粘土鉱物が黒いそうです。』

『向こうに木の年輪の展示もありますよ。』と言われたので、
これは、写真に撮らないわけには いきません
表と裏です。とっても目が細かい!!
でも、輪切りは乾燥で割れますよね~。
P1160020.jpg P1160022.jpg

成長錐という道具を使って、年輪をCT等で調べるそうです。
説明文にあった、成長錐をにネットで調べたところ、
T字型で、ネジをワインのコルクに、差し込む・・ような手動のものでした。
P1280055.jpg P1280056.jpg
事務所に、年縞博物館の写真の横に、成長錐の説明も展示したところ
市場に来るお客さんは、「あ~知ってる。名前は知らんかったけど」
「取り出すのに、切れるンや~」と、かなり言われました。

マニアの方には、たまらない博物館かも知れませんね。
思ていたより、楽しかったです。
年縞から見れば、1,000年なんてアッという間です。
私にはついて行けませんが・・説明の方は「この層には、宇宙からの・・・」って、話しもされていました。
プロフィール

市場のお姉さん

Author:市場のお姉さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード