春の様子

4月末から、書き始めたのにもう、5月10日なんて・・・

桜は終わりましたが、山桜は4月末頃が見頃でしょか
山笑う・春です
4/23 山笑う4/28
 
春の山は、針葉樹の濃いミドリと、広葉樹の新緑の黄緑が、芸術的にキレイです
 濃い色の針葉樹が、山の谷の部分にあるという山が 多いですが
場合によっては、持ち主の境界線で、ミドリが違うという事もあります。
そんな、個性的な山が ありました。

通勤途中の佐古あたりの山です。
梅街道ではなくて、線路脇の道から見ると こんな感じです
何とも、カワイイデザインの山です
新緑 

この春、市場の看板も新しくなりました 
新緑と看板・青空と看板です!
看板2 看板

朝の、通勤途中で、ラジコンの業者さんが、一人で誰かを待っていました
そこで、思い切って車を止めて、「写真を撮ってもイイですか?」と、聞きました。
ラジコン2 ラジコン

「どーぞどーぞ」と、言われましたが、
「・・・一緒に入って・・」と、お願いしたいところですが 言いにくかったので
「肥料ですか?」と、訪ねたところ、「消毒です。」との事でした。
もう、大きく育っていますからね。
虫が付かないようにこの麦を、消毒されるのでしょう。
そこで、気になるのが 右下の写真の、の機械です。
麦4/20 麦

実は、以前、撮ってあったのです。しかも、おととしです。
理科の実験で使いそうな、アンペアとか計りそうな機械だと思いませんか?
電気柵 3号 2/24.

やはり、電気柵の電源のようです
電気柵は、田舎ではおなじみ 山からの動物が、田畑を荒らさないように
電気を流した線を、田畑の周りに柵のように張るのです。
動物園の檻の中に 人間がいるように、柵の中で作業をします。
電気柵を自分から、触った人を聞いたことがありませんが、怖いですし、、、
散歩中の犬に触らせたら、絶対近づかなくなったと、聞いたことがあります。。。

それまでの、私の知っている電気柵は、こんな理科の実験ぽくないの形だったので
おととし初めて見たとき、カメラに撮っておいたのです。

私が知っている電気柵の、電源は
 レストランの入り口にありそうな、パネル付きの箱が、地面に置いてあるタイプでした。
電気柵 1号 電気柵 1号

数年後、ソーラー部分が上に上がって、その下に箱が付いているタイプでした
電気柵 2号 電気柵 2号

それから、数年で凄くコンパクトで、カッコヨクになったので、感心して撮ったのでした
電気柵は、下の草が伸びると 草から漏電してしまって、せっかくの力を発揮できないので
草刈りの世話が、大変と聞きました。

4月の帰り、キジがあまりに鳴くので、撮って欲しいのかな?と、
カメラを持って駐車場前の土山に キジを撮りに行きました。
枯れ草が邪魔で、右に行くと左に逃げる、左に行くと右に逃げる。。。
そんなことを繰り返していたら、バタバタと飛んで行きました。
4/20 キジ雄

友達が、イベントのトールペイント教室をするので、
見本の魚を作りに来ました  
沢山あると、カワイイので撮らせてもらいました。
その子いわく、色を塗らない方が、カワイイかも~
子供向け「トールペイント教室」で、いろいろ個性的な魚が出来そうです!
実施は、秋に食見海洋センターみたいです。
魚 魚

三方駅に5月用木工品を納品しました
売れるよりも、展示品のような状態です。
(良かったら、クリック拡大して見て下さい)
三方駅 三方駅2
スポンサーサイト

やっと暖かくなって、どこも桜が綺麗ですね~
近くの神社の桜並木を 撮ってきました
4月5日の祭りの日には、つぼみでしたが、13日は、綺麗に咲いていました
H28桜 H28桜

H28桜 H28桜

H28桜 H28桜
最後の写真は 何か?と思ったら・・・私でした・・・

近くにある 閉店した『丸万食堂』の桜です。10日に撮りました
丸万 丸万

丸万 丸万

桜の木の下の、カワイイ花が、可憐でした。
P4100353.jpg P4100354.jpg

先日、木材業者の『転売する人』通称『転がし屋』さんに、聞かれました。
 『ホオノキ・栗・さわらの木を、探してるんだけど、ないかな?』
 『ホオノキと、さわらは、滅多に出てこないからな~、栗ならあるよ!』
と、栗の木をお買い上げでした。
 『最近、あまり使わない、変わった色の木の注文受けるんや。変わった色が良いのかな?』
との事でした。
『転がし屋』さんも運賃がかさむので、人数は少なくなりました。

そういえば 最近TVを 見ていて
これは、いろんな木をくっつけて 自然な色で作っているのかな~
と、思う事があったよな~と、思って写真を撮りました
TV TV

TV P4140402.jpg
最後の写真は高い本ですが、、、
誰が、ブームの火付け役なのかな?
一般的に 気付かれていているかは分かりませんが、イイ感じです。
でも、私的には、9時のニュースは大越さんが 良かったな・・・
桑子さんも 良いけれど、ニュースにはカジュアルな気がしています。
話は、それましたが。

またまた最近、中国に『木』を、売る動きが活発化してます。
価格も高値のうえに、山から港に直接行くことで、
市場を通すより手数料がかからなくなるので、
『中国行かずに持ってきて』と、いえない悲しさがあります。
紙を値上げして、中国行きよりもい高値を出してもらえれば、
木を集められるのですが・・・
市場の手数料を下げるって、手もありますが・・・
景気の悪い話です。。。。

20,000㎥出して、単価が1,000円上がったら2千万円違うので
義理よりも、、単価の高いところに いくこと間違いなしです。。。。
ということは、バイオよりも高値なので バイオの木も集まらなくて、国はどうするのでしょうね、、、
輸出を禁止して、バイオで燃やす??

通勤途中の梅畑の様子です

3月6日 花が咲き始めました。横には選定された枝が山積みです
梅3/6 選定枝
3/6 つぼみと花 
梅3/6 梅3/6

 選定前の2月は、こんな感じでした
梅 選定前 梅 選定前②

3月7日 なんと雪 車から撮りました
3/7梅 3/7梅

3月22日 下の草も みどりが濃くなってきました。
3/22梅 3/22梅

3月28日 もう、花は終わりかな。。。。
3/28 梅 3/28 梅

次に、実家のとなりの お寺にある。すごい梅の木です。
今年も、綺麗な桃色の花を咲かせた、老木です
3/26 梅 3/26 梅

この梅の木、何がすごいって、皮しか無いんです
向こうが見えるのです
3/26 梅 P3260311.jpg
写真では、伝わりにくいかも知れませんが、私が子供の頃からですよ
たぶん50年くらいこの姿です。
小さかった頃、木の上の穴から 石を転がして落としていたのを
覚えています。
凄いですね、諦めてはいけないと教えてくれている気がします。

先日、親戚のおじさんのお葬式に行きました。
俳句が上手な方で、祭壇の横に何点か俳句が飾られていました。
その中で、私の心に響いた句は、
『 何事も 昨日の事よ 除夜の鐘 』

そして、となりに 俳句の先生から 故人にあてた句が
『 約束を したる花見を 何処でせむ 』

。。毎年、空からお花見をされるでしょう。。

紙の価格上がるよ。紙は、リサイクルしよう!!

文字色木材関係の方だけに、関係ありそうな『バイオマス発電』が、
日本のあちこちで、始まりました。
『バイオマス?』って、よく分かりませんが
木を燃やして発電する。何故かエコといわれているものです。

何度も書いていますが、国の偉い方が
『山に捨ててあった木を燃やせばエコになる。』
と言って、何億もかけて、作っている物ですが、、、、

これまた、何度も書いてますが、木にはランクがあって、
A材・・・建築用 (綺麗で真っ直ぐ)
B材・・・ベニヤ・合板用 (曲がっていても短く切って直材にしたり、かつらむきにして、ボンドで貼り合わせる)
C材・・・製紙用 (皮はむいて、細かくチップにして紙にする)
D材・・・燃料用 (燃やすので、皮が付いていてもいい)
覚え方は、
①エエ木材が、、、A材 
②ベニヤ用が、、、B材
③しょーもない木材が、、、C材 
④どうにもならない木材が、、、D材

普通、A材・B材・C材・D材と、価格が下がっていくはずですが、
D材は、燃やすので沢山の量が必要で、国をあげて補助金を出して、
価格を上げて集めようとしています。
当然、C材(紙用)の価格も高くなってしまいました。
B材も、仕分が大変なので(重機で場所もいる)、同じくらいの価格なら、
面倒なので、D材に行ってしまえ~と、なって、B材も集まらなくなり、、、、
B材の会社は『ええい、B材値上げして集めよう!!』と、なって、

それなら、仕方ない『C材も、もっと値上げするよ!!』と、なって集めようとしているのですが
D材に沢山出して、燃やさないといけないので、C材無しの現状です。
だから、C材業者さんに、売ってあげたくても売ってあげられない。
当然、紙の価格は上がります。

ペーパーレスの時代ですが、ティッシュは必要ですよね~。
そこで、紙のリサイクルを頑張る事が、
私達『消費者のするべき事』じゃないかなと、思います。

鹿に 葉っぱを食べられて木が育たない。山に、植える業者もいないのに、
木を燃やすことが、納得できません・・・

小浜『すし良』の看板製作!

昨年の話ですが、小浜の『すし良』の看板製作の依頼がありました
今まで、いくつかの看板を作ってきた経験から、
『とうとう寿司屋の看板の依頼が来た~』と、張り切って受けしました
  (作るのは、私ではありませんが・・・)
製材所から板が搬入され、裏には建物に止める用の金具が埋め込まれていました。
・・・ところが、
『文字は、名刺の文字で作って下さい』 との事です。
   P3070269.jpg

『え~、習字じゃないの~なんで??PCのワードの文字みたい~!
  彫る労力は 同じなのに、なんで~?!』
ぜんぜん納得出来なかった、私は、製材所にTELしました。
『そ~うですよね~。工務店さんに言って下さいよ-。番号教えるからー。』
え~、私が・・・・
でも、同じ彫るのに この字体に 納得がいかなかったので、かけてみました・・・
 事務員さんか、奥様か、女性の方が出られたので、説明しました。すると・・・・
『直接、社長に話して下さい。電話番号教えますから・・・。』
え~、また私が・・・と、言うことは、相当に怖い社長さんなの
迷いましたが、勇気を出して かけて、一方的に説明しました。
ついでに、小浜の今まで作った看板を見に行って下さいと、伝えました。

結局、習字の先生に書いてもらって、看板の作成が始まりました。
さすが習字の先生は、迫力のある字です
習字② 習字①

周りを彫りました 次は、磨きです!よく磨かないと綺麗に塗れません!!
周り彫り① 周り彫り②

塗り
塗り 塗り②

ちぎりです    上と下の●は、工務店が金具を取付けた跡です・・・
DSCF2066_convert_20170302171331.jpg 仕上げ②

完成の写真と、最初の頃に撮った 写真です
仕上げ DSCF2060_convert_20170302170750.jpg

納品は 11月頃だったでしょうか?
そして、2月に理事長さんに連れて行ってもらいました
まず、外観は (築3~40年くらい?)
『ヒノキの鎧板』 (四角い桧の板が鎧のように 並んでいる壁板)と、
『入母屋作り』 (玄関の上が、お城の△屋根のような屋根)
入り口の横に庭もあって、こぢんまりしているけれど、良い木材が使ってある感じ!
(↑素人の私の見立てです)
看板のライトアップも バッチリでした
すし良② すし良⑧

すし良⑦ すし良①

畳の間の 座卓は厚みのある「ひのき」で出来ていて
2枚貼り合わせてあるのですが、
広い1枚板など無いので、これでも直径60cmの木から取っているそうです。
無塗装で使用されているので、手触りは「木のぬくもり」が感じられます
が、お醤油・水などのシミが付きやすいので
お客さんは「シミ付いてる~」と、思いますね。
私は、水染みに、ならないように ササッと拭いていました・・・

肝心の お寿司の写真です
すし良⑥ すし良③

爪楊枝入れです
ケヤキっぽい色だと思ったのですが、
 『ケヤキには、こんな節は無くて ひのきの節だね。』
と、教えてもらいました。
小さい物ですが、木目が細かくて イイ感じでした。
  すし良⑤

飲み物はの後に、焼酎『赤霧島』 って、今はやってるの?
も、入ってご機嫌の 部長と理事長がお店の人に
 『この看板を、彫ったのは私だよ!』
 『この看板が、安く出来たのは、持っていた板で作ったからだよ!』
と、自慢していたので私も、
 『名刺の字体じゃ無くて、習字にしてもらったのは、私だよ!』
それぞれ 自慢して満足しました。名刺をもらったら裏に地図がありました。
   すし良⑨

PS/食べログにも書いてみましたが、200文字以上で、書かないとダメなんですね。おまけに、
数件書かないと載らないのですね・・・知らなかった。1件じゃ やらせっぽいのかな
ど~りで みんな長い文を書いてると思ってました。
プロフィール

市場のお姉さん

Author:市場のお姉さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード