FC2ブログ

平成30年11月 大忙し!

10月末日から、過去最高の大忙し
「百聞は一見にしかず」
土場の様子です・木・木
PA240625.jpg PB090650.jpg

運んできたトラックから丸太を降ろして仕分ける場所が無いので
さっさと片付けないと、次のトラックが入ってきます!
PB090653.jpg PB090649.jpg

事務所の窓からの眺めも、木の山で遮られていて 『今、誰のトラックが入って来た?』
と、聞かれても、見えません
PB120654.jpg PB130658.jpg

高さが分かるように自転車で来て大きさを比べてみました。
秋らしく、土場の向こうのイチョウが色づき始めました
PB130659.jpg PB130660.jpg
土場の様子ですが、いつもと違うところがもう一点あります。
ユンボの重機が 1台だけなのです。
こんな忙しい時に、何してるんだ!!と、思いますが
もう1台も忙しく働いていたのです。
場所は、敦賀の現場です。1,000㎥を一人でトレーラーに
積み込み続けていたのです!
市場と敦賀で、今までで一番の働きをして、
今年のボーナスは期待できるね!!と、話しています。

最近は朝夕が冷え込んできました。
キレイな朝露が凄いです でも、お昼にはこの通り地味~に過疎地になってます。
朝露 昼間

三十三間山登り口付近に秋らしい赤い家を2件見つけたので
写真を撮りに行って来ました。
いざカメラを構えると太陽の光が、陰ってしまって 
太陽が出たときに 今だ!!と、焦って撮りましたが、
で見ている印象とは ほど遠い写真になってしまいました
赤い家 赤い家

PB150672.jpg PB150673.jpg
スポンサーサイト

うみんぴあ2018

今年も、うみんぴあフェスタ2018に出店します!
販売と言うよりも、無料体験に力を入れているので
沢山の人が木に、ふれてもらえるとイイナ~
今年もお天気良さそうです
凄いな~毎年お天気で、実行委委員の人が精進いい人なのでしょう

では、準備の様子です
名前を書いてもらう木 粗品 強力磁石
体験で名前を書いて貰うプレート(80名)
粗品の磁石と、木を使おうパンフレット(80名)

そして、またまた 懲りずに作成した『木の話③』
木の説明
良かったら、来て下さいキットお得です!!
また、結果報告載せようと思います。

当日は快晴、早起きして7時30分には到着しましたが、、、
今年は外のテントでは無くて『子供館の中』ところが建物に鍵が掛っていて、8時30分まで入れませんでした。
うみんぴあの場所はおおい町の大島に渡る赤い橋の近くです。
日本中にありがちな名前の、大島
昔は道路は無く、交通手段は船でした。作家・水上勉のふるさとです。
あまりに良いお天気だったので写真を取ったりしながら会館を待ちました。
PA130586.jpg PA130587_LI.jpg

私達の場所は、会館の中の、しかも一番奥の体育館のような所でした。
『本当に、こんな奥まで、お客さん来るの~』
などと文句言っていましたが、隣の建築組合の『イス作り無料』が、
大人気で、時間待ちのお客様が、こちらに流れてきて
今年も大盛況でした
まずは、チラシから
PA130604.jpg PA180612.jpg

会場の写真です。焼ペンコーナー
PA130590.jpg PA130592.jpg

PA130598.jpg PA130599.jpg

本箱作りの様子です
PA130593.jpg PA130594.jpg

一息ついて、外の様子を見に行った所 曇ってました
PA130603_20181116161130c88.jpg PA130602_20181116161125427.jpg

知り合いが、『フラメンコを踊る』と言っていたのですが、
パニックに忙しい後で気付いたときには時間が過ぎていて、見に行きましたが、
ステージでは『アンパンマンショ-』をやっていて、子供達に大人気でした。
もうすぐハローウィンと言うことで、大きなカボチャが飾ってありました
IMG_1301.jpg
販売の方は、サッパリ売れませんでしたが
子供達に喜んで貰えて 今年も楽しく終了しました

『木の節』 の話

台風や地震で災害が続き被災された方々に御見舞い申し上げます。
これからが、大変ですが、頑張って下さい。応援しています。

10年くらい前から興味を持っていた『枝の』の話を書こうと思います。
木は、成長していくと枝を出して、葉っぱから太陽の光から栄養を吸収します。
どんどん成長していくと、下の方の枝が枯れて、折れて そこから水が入って腐ってしまいます。
このトッラクの木の場合
トッラックの木

たぶん、そうなった写真です(トラックに乗ってきた)
枯れ枝① 枯れ枝②

このようにならないように、良い木を育てる場合は手入れをします。
枝打ちです。
枝打ち
3~4年で、皮がふさぐくらいの枝を、枝打ちします。

枝が、大きくなりすぎてからの枝打ちは、皮が巻ききらなくてこんな事になります。
死に節』と、言います。
死に節 死に節②

柱にすると、こんな事になります。
死に節

次に、節は残ってしまったけれど、皮が巻き終えた『生き節』の写真です。
生き節 生き節②

柱にすると、こんな事になります。
生き節

「節が残るのなら、同じじゃ無いの?」
と、思いますが・・・生きているか?死んでいるか?は、違うようです。
細胞の違いです
生き節 死に節

板にすると
生き節を板に 死に節を板に

そこで、死に節には埋め木をして使います (沢山は無理でしょう)
喫茶店のテーブ 杉に埋め木

節が出ないように、ビール瓶ほどの大きさの時から 枝打ちすると
節無しの柱』が出来ます。
節無し 節有り

節無しと、節有りの (価格が違います)
節無し 節有り

節有りの木
節有り 節有り2

節有り断面 (同じ木ですが)
節有り断面 枝断面

枝打ちされた 断面
枝打ち 枝打ち④

枝打ち③ 枝打ち②

分かりやすい枝打ちの木を、土場で見つけました
枝打ち⑤
中心は腐っていますが、枝の部分は、生き節で細胞は生きていたようです。
枝打ちをすると、葉っぱが減って、養分も減っるので
少し成長が遅くなる、。すると、打ちの後は数年年輪が 細かくなります
枝打ち⑥ 枝打ち⑦

また、枝打ちはこのように、スパッと切らないと、
繊維細胞の中に雨水が入って、そこから腐ったりするそうです。
「のこぎり」で切るより、『斧』(山師の人は『よき』と呼ぶ)で、切るそうです。

専門的になりますが、下手な枝打ちで、枝座(4枚目の説明写真)まで切った場合や、
この地方では、雪で勝手に折れているのに、上手い具合に皮が巻いた場合は、
表面的には、節無しの木に見えて、柱にしたときに中は『死に節』ばかりだった・・・・
と、言うことがあるので、手入れを上手にした人の木はブランド材になります。

節は、上に行くほど多くなります。
根もとの1番玉~5番玉まで
(丸太を輪切りにする事を、「玉切り」と言います。)
根元から末まで

私が、枝の事が気になる、きっかけは、土場に転がっていたの写真の木を見つけたからです
節有り 穴あきの木 何だ、この口は!

余談ですが・・・
Q・では、枝打ちをしなくて、太くなった枝の枝打ちは もう、出来ないの?
A・枝は幹から1mくらいの位置で切ります。嘘みたいだけど・・・

Q・節有りと、節無しの価格は、どれくらい違うの?
A・聞いてみないと分かりませんが、側面4面のうち『4方無地』『3方無地』『2方無地』『1方無地』に、よる違いや、
  『木の質のランク』、無地だけでなく『節の数』によって・・・等、いろいろな価格の違いが有るそうです。
 でも、今の時代は、節の個性を楽しんだり、柱は壁のクロスに隠れてしまうので、育てる時に手入れをせずに、節有リで量産した方が
 効率的かも・・・との事です。そもそも、獣害で、苗が食べられてしまい 今からはなかなか育たないそうです。。。。。

三十三間山

国道の三十三間山登り口の看板を、山側に進むと登山口があり、
その先に進むと 木材市場があります。
三十三間山
三十三間山登り口の 駐車場には石碑があって
昔、京都の三十三間堂を作るときに松を出したと言われていますが
三十三間の長さを、mに直すと1間が約2m20cmなので、約66mです。
普通の木で25m~30mなので、あり得ない数字です。
もし、有ったとしてもどうやって運んだのでしょう?
そんな由来のある三十三間山です。
 毎年4月29日には 山開きが盛大に行われ、登山に人気の山です。
三十三間山 P6070246.jpg

下の看板に書いてあるように、河内ダムというのが出来るのですが
現在、ほぼ完成していますが、
そのダムの管理を電波でするのですが
河内地区は山の中にあるので電波が届かない。そこで、
この辺りで一番高い山三十三間山の山の上に電波塔を建てて電波を受けてそこから
本部に電波を送るための電波塔を建てる。
その為の木を切って、へりで搬出しているそうです。
その木を出しても良いですか?と話がありました。
P6070250.jpg P6070249.jpg

以前 見に行った時、あまりいい木は、有りませんでしたが、市場の近くなので
沢山集めてから出荷されるのかな?と、期待していましたが・・・
P6070251.jpg

その後、なかなか搬出されないので見に行ったところ、もう木は有りませんでした・・・
詰めが甘く、ウチの市場には出なかったと言うことです。
良い木では無い場合、ついつい力が入りません・・・近いのに出てこなくて残念でした。
でも、青空にへリコプターはカッコイイ良かったです
P7100358_convert_20180726174555.jpg P7100360_convert_20180726175356.jpg

P7100361_convert_20180726175637.jpg P7100359_convert_20180726175113.jpg

キモイ物の特集 NO 9

今年は、地震や豪雨災害に続いて猛暑と災害続きの夏で、
1日も早い復旧を願っています。
今年もキモイ物集めてみたので、披露したいと思います。
まずは、キモいけれど、涼し気なモリアオガエルの卵です
コレは市場の土場の角っこの池になった部分に ありました。(昨年の写真です)
周りがコンクリートなのに、どうしてここに卵を産みたかったのか?
緑のある他の場所に行く 元気がなかったのか?不思議です?
1707010018.jpg 7月1日

3月11日発見!!
あまりじっと見たくは、ありませんが・・・
夜の電気に、集まってくる「蛾・ガ・ガ」
さて問題です。下の写真には、3匹の「蛾」が、います分かりますか?
(拡大してみて下さい)
P3110083.jpg

周りには、3匹以上・・・、少なくとも20匹は確認できました!
P3110078.jpg 3/11.

P3110081.jpg P3110080.jpg

先ほどの、答えがこちらです上手に保護色になっていますね。
P3110083_LI.jpg

5月13日 同じポストの辺りで、こちらも「蛾」ですが、緑の色も形もキレイです
でも、蛾ですよね。
5月13 1705130003.jpg

1705130006.jpg

7月13日 同じポストの下で、弱々しく羽を動かしている
形も立派で、模様もオシャレっぽいですが「蛾」ですよね。
(カメラの都合で拡大出来ません・・・)
ガ ガ

同じ7月13日、こちらはもう息絶えていましたが、キレイな「アゲハ」でしょうか?
黄色では無いですがキレイです。
無傷で下に落ちていましたが、写真で撮ったら光がキレイですがコレも拡大出来ないのが、残念です。
P7130372_convert_20180726142520.jpg 蝶

桧のコースターの上に乗せてみたところポスター風になりました
P7130373_convert_20180726142932.jpg

ちょっと日にちが、前後しますが
4月1日キレイな桜が咲いていたので、近づいたところ・・・
(こちらは拡大してみて下さい)
桜と蜂 蜂
蜂が、お食事中でした!

蜂つながりで、7月5日玄関の屋根裏に、スズメ蜂の巣が・・・
出来そうに なっていました!
スズメバチ スズメバチ

スズメバチ スズメバチ

スズメバチ スズメバチ
以前のスズメバチの巣と 似た模様です。
スズメバチ

あと2ヶ月くらい 暑い日が続きますが、身体に気を付けて乗り越えましょう!!
プロフィール

市場のお姉さん

Author:市場のお姉さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード